FC2ブログ
ブログ的スクラップ
主に朝日新聞から
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
内規違反の飲酒し海自隊員けが、硫黄島からP3Cで搬送
東京の都心から南に約1200キロ離れた海上自衛隊硫黄島航空基地隊(東京都小笠原村)の隊員が、部隊の規則で禁じられている隊舎自室での飲酒の末にけがを負い、海自厚木航空基地(神奈川県綾瀬市)から出動したP3C哨戒機で厚木基地まで搬送されていたことが分かった。

P3Cは潜水艦の探知・追尾、船舶の航行状況などの監視にあたるのが任務。海自は「服務違反は厳正に対処するが、負傷者の搬送は緊急性があり、やむを得なかった」と説明している。

規則違反をきっかけにP3Cの利用まで至ったことに、内部からは批判の声も上がっている。

海自によると、事故が起きたのは10月16日夜。新しく着任した隊員の歓迎会に参加した1曹(46)ら4人の隊員が、「日本酒なら2合程度、過度にわたらない量」という規則に違反し、それ以上の量の酒を会で飲んだ。午後8時半ごろからは、1曹ら3人が隊舎の自室内でも飲酒を続けたという。その際、1曹が過って左目付近を骨折するけがを負ったという。

翌17日朝、部隊は1曹を自衛隊中央病院(東京都世田谷区)で精密検査を受けさせる必要があると判断し、航続距離約4千キロで距離的に空輸可能な厚木基地のP3Cの派遣を要請。厚木基地に1曹を空輸し、同中央病院に搬送した。1曹は手術が必要な状態で、現在も入院中という。

離島に住む一般住民の搬送の場合は災害派遣要請に基づくが、隊員については緊急性があると部隊が判断した場合にP3Cやヘリコプターなどで搬送するという。

1曹の搬送では往復の飛行で約11キロリットルの燃料がかかった。海自は一般的にこうした代金を隊員に請求しておらず、今回も求めない方針。海自はイージス艦の事故など不祥事が続き、抜本的に組織の見直しを進めている。「燃料高騰で訓練も減らしている時期で、考えられない出来事」と話す関係者もいる。

硫黄島には長さ約2.7キロの滑走路があり、米軍と共同で使用。海自は周辺海域での救難などにあたっている。島は68年に米国から返還されたが、住民は住んでいない。
【朝刊】
スポンサーサイト
【2008/10/30 00:00】 | 自衛隊・防衛 |
プロフィール

newsusagi

Author:newsusagi

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。