FC2ブログ
ブログ的スクラップ
主に朝日新聞から
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
母親、娘を自宅に8年「監禁」
札幌市北区の女性(21)が小学6年生から19歳までの約8年間、現在50代の母親によって自宅に「監禁状態」にされていたことが30日、わかった。

女性は2年前に保護されたが、現在、知的障害と診断されており、長期間の監禁による影響の可能性が高い。

別居していた女性の父親が05年に札幌市に相談していたが、市側は対応をとらず、女性が通っていた小、中学校は「不登校」と判断していたという。

札幌市は30日午前、記者会見を開き、「不登校の背景に虐待があるのを認識できていなかった」と対応の遅れを認め、謝罪した。

市によると、女性は小学3年から登校日数が減り、小学6年時は1日しか登校しなかった。中学入学後は1年時に2日登校しただけで、2年以降は全く登校しなかった。

06年8月、近所の住民から「子供の泣く声がする」などと児童相談所に通報があり、別居中の父親と親族が自宅から女性を保護した。女性は栄養状態に問題はなかったが、母親から外出を禁じられ部屋の片隅に座り続けている状態だったという。

女性は、知的障害と診断され、福祉施設で治療を続けている。小学2年当時の学力は普通だったといい、監禁生活が知的障害の原因となったとみられる。

母親は精神的に不安定で、女性が小学3年ごろから「娘が危害を加えられる」などと話し、学校に行こうとする女性を連れ戻したり、家から出ないよう指示したりするようになり、その後、女性の外出を許さなくなった。女性は両親と3人暮らしだったが、父親は04年ごろから別居していたという。

母親は現在、精神保健福祉法に基づき医療保護入院している。

この問題では、父親が05年1月、同市北区役所に「妻が子供を閉じこめている」などと電話で相談したが、区役所側は母親の治療を勧めただけだった。小中学校も担任教諭が何度か自宅訪問したが、母親に断られて様子を確認することはできなかったという。

女性が「監禁中」だった00年には、虐待を発見した際に児童相談所などへの通告を義務づける児童虐待防止法が施行され、04年には虐待が疑われる場合も通告が義務づけられた。通告があれば、児童相談所の職員が面談で安全を確認することになっている。市教委は「中学当時は、両親などの話から虐待といえる状況ではないと判断していた」と話している。
【夕刊】
スポンサーサイト
【2008/10/30 00:00】 | 国内事件 |
プロフィール

newsusagi

Author:newsusagi

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。