FC2ブログ
ブログ的スクラップ
主に朝日新聞から
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
慶大生大麻事件
慶応義塾大学の学生2人が学内で大麻を売買したなどとして大麻取締法違反(譲渡など)の疑いで逮捕された事件で、起訴後に保釈された1年生の中村友士郎容疑者(20)が神奈川県警の調べに対し、「以前にも慶応大学の学生数人と大麻を吸ったことがある」と供述したため、県警が複数の学生を任意で事情聴取していたことが、県警幹部への取材でわかった。

県警幹部によると、逮捕された内田浩太郎容疑者(21)と中村容疑者は、慶応義塾高校で先輩と後輩の関係で、高校時代から知り合いだったという。中村容疑者は今年6月下旬~7月に複数回、横浜市港北区のカラオケ店内や自宅などで大麻を吸引したことを認めている。そのうち少なくとも1回は、内田容疑者のほか、数人の慶大生と一緒に吸ったと話しているという。

県警の説明では、内田容疑者は7月、横浜市港北区の日吉キャンパス内の食堂近くで、中村容疑者に乾燥大麻数グラムを7千円で譲り渡した疑いがある。

県警は今月、内田容疑者と中村容疑者の自宅を家宅捜索した際、乾燥大麻や吸引具などを押収。県警は今後、大麻の入手経路について慎重に調べを進める方針。

大学関係者などによると、内田容疑者は今年夏まで同大の体育会アメリカンフットボール部に所属していた。

30日朝、同大の日吉キャンパスにある同部の部室にやって来た4年生部員(22)は事件について、「何も言えません」と硬い表情だった。1年生部員(19)は「初めて事件を知って驚いた」と話した。

経済学部2年の男子学生(20)は「関東学院大ラグビー部のニュースを見て、たばこを吸う感覚なのかなあと思っていた。ここでそんなことがあったなんて衝撃です」と話した。
【夕刊】



<慶応大米国人講師も大麻所持の疑い>
慶応義塾大学の米国人英語講師(41)が大麻取締法違反(所持)容疑で今年2月、警視庁に現行犯逮捕されていたことが4日、大学関係者らへの取材でわかった。

慶応大では先月、商学部などの学生2人が同法違反(譲渡など)の容疑で逮捕されたほか、04年以降で別に5人の学生が逮捕されていたことを、大学が謝罪会見を開いて明らかにしたばかり。大麻汚染が教員側にも拡大していた格好だ。

逮捕されたのは、サイラス・ロルビン元講師=当時は神奈川県茅ケ崎市幸町。慶大によると、元講師は湘南藤沢キャンパス(神奈川県藤沢市)の環境情報学部で訪問講師として英語を教えていた。大学のホームページには07年度まで英会話などの講義を受け持っている記載があるが、今年度は名前がなくなっている。

捜査関係者によると、2月7日午前10時15分ごろ、東京・新橋で、大麻数グラムを所持した疑いがあるとして現行犯逮捕、起訴された。出入国管理法違反(不法残留)容疑で強制送還されたという。
【朝刊】2008年11月5日
スポンサーサイト
【2008/10/30 00:00】 | 国内事件 |
プロフィール

newsusagi

Author:newsusagi

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。