FC2ブログ
ブログ的スクラップ
主に朝日新聞から
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
空自トップを更迭、懸賞論文で「日本の侵略ぬれぎぬ」
航空自衛隊トップの田母神(たもがみ)俊雄・航空幕僚長(60)が「我が国が侵略国家だったというのはぬれぎぬ」と主張する論文を書き、民間企業が主催した懸賞論文に応募していたことがわかった。

旧満州・朝鮮半島の植民地化や第2次大戦での日本の役割を一貫して正当化し、集団的自衛権の行使を禁じる現行憲法に疑問を呈している。政府見解を否定する内容で、浜田防衛相は31日、田母神氏の更迭を決めた。

政府は同日深夜の持ち回り閣議で、田母神氏を航空幕僚監部付とする人事を承認した。

政府は95年に、植民地支配と侵略で「アジア諸国の人々に、多大の損害と苦痛を与えた」とした村山首相談話を閣議決定した。麻生首相も継承する考えを表明している。

実力部隊を指揮する制服組の高官が、アジアでの日本の侵略行為を公然と否定したことは、麻生政権のアジア外交にとって痛手となる。武器使用制約の緩和など自衛隊の運用政策にも踏み込んでおり、文民統制(シビリアンコントロール)の観点からも問題視されることは必至。野党各党は国会で政府の責任を追及する構えだ。

浜田氏は31日夜、防衛省で記者団に「政府見解と明らかに異なる意見を公にすることは空幕長として不適切で、速やかに職を解く」と述べた。麻生首相周辺によると、首相は同日夕に論文を読んで「不適切」と判断し、更迭に向けた調整に入ったという。首相は同日夜、首相官邸で記者団に「個人的に出したとしても、それは、今、立場が立場だから、適切じゃないね」と語った。

田母神氏は同日夜、東京都内の自宅で取材に応じ、更迭について「政府の指示に淡々と従います」と答えた。論文の内容については「来週以降に答えます」と述べた。

論文の題は「日本は侵略国家であったのか」。ホテルチェーンなどを展開するアパグループが主催する第1回「真の近現代史観」懸賞論文の最優秀賞(賞金300万円)に選ばれた。同社は31日、ホームページで論文を公表。防衛省詰の報道各社に報道発表文を配布したことから、投稿の事実が明らかになった。

論文は日中戦争について「中国政府から『日本の侵略』を執拗に追及されるが、我が国は蒋介石により日中戦争に引きずり込まれた被害者」と主張。旧満州、朝鮮半島について日本の植民地支配で「現地の人々は圧政から解放され、生活水準も格段に向上した」としている。

日本の安全保障政策についても「集団的自衛権も行使できない。武器使用も制約が多く、攻撃的兵器の保有も禁止されている。(東京裁判の)マインドコントロールから解放されない限り我が国を自らの力で守る体制が完成しない」と、抜本的な転換を求めている。
【朝刊】



<田母神氏、空自誌にも持論「侵略はウソ」>
田母神俊雄・前航空幕僚長が昨年、空幕長に就任した後、空自の隊内誌に同様の趣旨の文章を執筆していたことがわかった。

浜田防衛相は更迭の理由として「政府見解と異なる意見を公にするのは空幕長として不適切」と述べたが、その文章が出た時点では省内で問題にはならなかった。空自は「個人の一つの考え方という受け止め方だった」としている。

文章は空自幹部らが購読する「鵬友」の昨年5月号に掲載された。幹部らが個人の研究を発表する場で、誌面で「発表された意見などは公的な見解ではない」と断っている。田母神氏は巻頭で「日本人としての誇りを持とう」と題し、「戦後教育の中で我が国の歴史と伝統はひどい無実の罪を着せられてきた。その代表的なものが、日本は朝鮮半島や中国を侵略し残虐の限りを尽くしたというものである」とし、「ウソ、捏造の類であると証明されているが、多くの日本国民はそれを事実として刷り込まれている観がある」と書いている。

「南京大虐殺」に触れ、「混乱の中で本当の民間人が巻き添えになったことはあったかもしれない。しかし日本軍が中国の民間人を組織的に虐殺したことは全く無かったのである」と主張している。

また統合幕僚学校長だった04年に同誌に書いた文章でも同様の歴史観を主張。隊員にも一般の月刊誌への投稿を勧めていた。田母神氏の文章は政府見解とは異なるが、空自幹部によると、「『こうした考えもある』として発表したという認識だった」という。浜田防衛相は10月31日夜、報道陣に「かなり思い切ったことを言う方だな、というのは聞いていた」と語っている。
【朝刊】2008年11月3日



<防衛省の聴取に応ぜず、定年退職に>
防衛省は3日、同日付で定年退職としたことを発表した。

処分はされず、6千万円程度とみられる退職金は支払われる見込みだ。

空幕長の定年年齢は62歳だが、更迭され10月31日付で航空幕僚監部付となった時点で階級の「空将」の定年年齢である60歳が適用され、1カ月間の「定年延長」という形になっていたという。

自衛隊員が職務に関する論文発表や講演をする場合、事前に届け出る必要がある。防衛省は田母神氏の論文投稿が「職務に関する」とみており、届けなかった理由や論文の内容について聴いて処分を検討する方針だった。

だが、田母神氏が聴取に応じないことや、自ら辞める意思がないことを伝えてきたことで、問題の長期化による国会への影響を懸念した同省が異例の措置に踏み切ったとみられる。定年延長は最大6カ月可能だが、防衛省は「浜田防衛相が『これ以上の定年延長は不適切』と判断した」としている。
【朝刊】2008年11月4日
スポンサーサイト
【2008/11/01 00:00】 | 自衛隊・防衛 |
プロフィール

newsusagi

Author:newsusagi

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。