FC2ブログ
ブログ的スクラップ
主に朝日新聞から
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
「奧の細道」出発直前の芭蕉の手紙発見
江戸時代の俳人、松尾芭蕉(1644~94)が「奥の細道」の旅に出発する2カ月ほど前に書いた手紙が新たに見つかった。

旅には曽良が同行したが、当初は別の門人が随行する予定だった。急きょ同行者が代わった状況を知る手がかりになる資料で、専門家は「大変貴重で価値が高い」と評価している。

山形市の山寺芭蕉記念館を運営する市文化振興事業団が6月、美術愛好家の所蔵物を調査してこの手紙を発見。国文学者の尾形仂氏ら3人の専門家が鑑定し、筆跡などから芭蕉の自筆と断定した。

手紙は縦22.5センチ、横50.5センチ。あて名の「金右衛門」は江戸の武士とみられる。手紙の日付は、旅に出発する2カ月ほど前の元禄2(1689)年閏(うるう)1月20日。旅に同行する予定だった門人の路通が同月17日に突然、江戸を去って上方に向かったとつづられている。さらに、「昨日より泪(なみだ)落としがちにて」などと、路通が去って動揺する心中を記している。

路通が去った確かな理由は書かれていないが、山形大学大学院の山本陽史教授(近世日本文学)は「路通が自分勝手に芭蕉のもとを去ったのであれば怒るかもしれないが、芭蕉はショックを受けている。芭蕉が路通の才能を評価していたこともわかっており、路通はなんらかの事情があって消えたということなのではないか。例えば、門人たちの間であつれきがあったのかもしれない」と推測する。
【朝刊】
スポンサーサイト
【2008/11/03 00:00】 | サイエンス・文化・健康 |
プロフィール

newsusagi

Author:newsusagi

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。