FC2ブログ
ブログ的スクラップ
主に朝日新聞から
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
小室哲哉容疑者ら逮捕
大阪地検特捜部は、90年代に多くのヒット曲を生んだ音楽プロデューサーの小室哲哉容疑者(49)=東京都港区=が自作曲の著作権のうその譲渡話を持ちかけ、兵庫県芦屋市の男性投資家(48)から5億円をだまし取った疑いが強まったとして、4日朝、関係者2人とともに詐欺容疑で逮捕した。

小室容疑者の自宅なども家宅捜索した。特捜部によると、3人とも容疑を認め、小室容疑者は「間違いない。申し開きすることは何もない。責任をとって弁償したい」と述べているという。

小室容疑者は06年の事件当時、海外での音楽事業の失敗などで借金が数十億円にまで膨らんでいたという。特捜部は小室容疑者が借金返済の必要に迫られ、自らの知名度と、権利関係が複雑に絡み合う著作権の仕組みを悪用して多額の金をだまし取ったと判断。前例のない音楽著作権をめぐる大型詐欺事件の摘発に踏み切った。

ともに逮捕されたのは、小室容疑者が取締役を務めている芸能プロダクション会社「トライバルキックス」の社長、平根昭彦容疑者(45)=東京都港区=と、同社監査役で広告会社代表の木村隆容疑者(56)=東京都中野区。

特捜部によると、小室容疑者ら3人は、日本音楽著作権協会(JASRAC)が管理する小室容疑者の自作の曲や歌詞など806曲の著作権の売買代金の名目で金をだまし取ることを計画。実際はすべての著作権がレコード会社側などに譲渡され、そのうち主な約300曲の著作権をトライバルキックスなど2社に二重譲渡していたのに、小室容疑者がすべて所有しているように装ったうえで、06年8月7日、それらを10億円で譲渡する内容の仮契約を投資家と結んだとされる。この際、小室容疑者は「JASRACに登録済みの806曲は全部僕に著作権があります」などとうそをついたという。

さらに「離婚した元妻による著作権の使用料収入の差し押さえを解除するための費用」という名目で、10億円のうち5億円を前払いするよう投資家に要求。2日後の同月9日以降、この投資家を小室容疑者に紹介した木村容疑者の会社名義の口座を経由する形で、トライバルキックスの口座に計5億円を2回に分けて振り込み入金させ、だまし取った疑いがあるという。

特捜部は、小室容疑者が譲渡済みの著作権を投資家に改めて譲渡する権限はなかったと判断。入金された5億円についても、実際には差し押さえ解除の費用には使っておらず、小室容疑者に資金を貸し付けていた木村容疑者への返済分1億5千万円と、別の貸主への3億5千万円の返済にすべて充てられたとしている。
081104_komurotetsuya.jpg
【夕刊】



<小室容疑者が詐欺主導>
被害者の男性投資家(48)が多額の資金を入金したのは、小室容疑者側の借金返済期日の直前だったことが大阪地検特捜部の調べでわかった。

特捜部は、返済期限が迫る中で、小室容疑者が詐欺行為を主導したとみている。

特捜部によると、小室容疑者は、自らが取締役を務める芸能事務所「トライバルキックス」社長の平根昭彦容疑者(45)、同社監査役で広告会社代表の木村隆容疑者(56)とともに、自作の曲や歌詞など806曲の著作権をすべて所有しているように装ってうその譲渡話を持ちかけ、兵庫県芦屋市に住む男性投資家から金をだまし取ることを計画。

06年8月7日、これらの著作権を10億円で譲渡する仮契約を結んだうえで、前払い金として同9日に1億5千万円、同29日に3億5千万円の計5億円を振り込み入金させ、だまし取った疑いが持たれている。3人とも容疑を認め、小室容疑者は「責任をとって弁償したい」と述べているとされる。

特捜部によると、当時、小室容疑者側は、借入先の一つの企業グループ持ち株会社で、前身会社が仕手集団の株価操縦の標的とされたこともある「A・Cホールディングス」(東京、旧南野建設)に3億3千万円の借金があり、その返済期日が同8月末に迫っていた。その2日前に入金された3億5千万円を借金の返済にあてたとみられる。

また、特捜部によると、小室容疑者ら3人は事前に話し合い、投資家からスムーズに資金を引き出すために、著作権が譲渡できない状態にあることは隠すと決めたとされる。3人の役割について特捜部は、平根容疑者は小室容疑者の債務整理を担当する立場でかかわり、木村容疑者は小室容疑者に投資家を引き合わせる役割を担ったと判断。詐欺行為の中心になり、主導していたのは借金の返済に追われていた小室容疑者だったとみている。

さらに、小室容疑者は06年8月7日に東京都内のホテルで仮契約を結んだ際、自ら作曲したCDを投資家に差し出し、「これをあなたにプレゼントする。世界で一つの曲です」と説明し、「僕は世間で名の知れた男。逃げも隠れもしない」とも話したとされる。特捜部は、こうした行為について、投資家を喜ばせて5億円の詐取を成功させるための手段だったとみて調べている。
【朝刊】2008年11月5日



<原盤権巡り二重契約、芸能2社間でトラブル>
小室哲哉容疑者(49)が昨年夏、CDなどの音源となる原盤の権利を委ねる契約を同時に二つの芸能プロダクションと交わし、2社間でトラブルになっていたことが関係者の話でわかった。

約6年間にわたる吉本興業とのマネジメント契約が切れ、まとまった収入のめどがなかった時期とされ、多額の借金返済への焦りが二重契約の背景にあるとみられる。

小室容疑者が逮捕直前まで所属していた東京都内の芸能プロダクションによると、小室容疑者は昨年6月ごろ、知人を介して、原盤を製作する契約を求めてきたという。小室容疑者が将来つくる楽曲の音源(原盤)をCD化などで利用できる「原盤権」を委ねる内容だったという。

当時、小室容疑者は吉本興業とのマネジメント契約が切れたばかりで、「金銭的に困っているので助けて欲しい」と話していたといい、昨年8月に契約を結び、月額1500万円を小室容疑者に払っていたという。

ところが、その後に小室容疑者が別の芸能プロダクションとも、年間3千万円の契約料で同じ内容の契約をしていたことが発覚。後で契約したプロダクションによると、小室容疑者が「(住んでいる)東京都区民税が払えないので、まとまった金が必要だ」などともちかけ、昨年9月に契約を結んだという。

二つのプロダクションは、原盤権の帰属をめぐって交渉を続け、一方が金銭を支払うことで解決したという。

先に契約していたプロダクションの関係者は「完全な二重契約だった。小室氏はすでに全盛期の人気はなく、金銭的に困窮している感じだった。復活の手助けをしたいと思っていたが……」と話す。

この関係者によると、小室容疑者の自宅の家賃は、同じマンションにあるスタジオと合わせて月計約280万円。家賃は滞納しがちで、昨年秋には約半年分の家賃が未払いだったという。
【夕刊】2008年11月6日
スポンサーサイト
【2008/11/04 00:00】 | 国内事件 |
プロフィール

newsusagi

Author:newsusagi

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。